口コミは一つの情報に過ぎない

いろいろな情報の中で口コミというのは生の情報ということで中にはかなり有効な情報の時もあります。口コミの発信者のダイレクトな感想や思いというのを直接聞き出すことができます。そういうことから宣伝でもプロモーションでもないので第三者としての言葉ということで客観的だととることもできます。

 

しかし、あくまで個人の感想という域を超えていないので鵜呑みにするとたいへんなときもあります。店の口コミなどもその人が感じたことで自分ではどうかといことを他の情報も交えて判断するほうが賢明だと思います。口コミなので不正確なことや思い込み、間違いもあったりその発信者の価値観からの言葉なので自分と価値観が違うかも知れません。直接聞くことができるからこそ、冷静に口コミは一つの情報に過ぎないということを意識する必要があるのではないでしょうか。